転職のための顔合わせに対して

雇用機能では、面談は避けて通れないものです。採用担当者は、面談のフィールドで求職者って内容をした上で、会社で働いてもらうかを決定します。執筆トライがおこなわれる場合もあるのですが、それだけでは個々の人物や雇用への野心を敢然と調べることは困難です。面談をする結果、どんな人かや、言葉づかいや姿勢など、資料だけではわからない部分を見ます。社主や、隊長など、その会社で重要な立場におけるパーソンが面談に現れることもあります。最初は人事担当者との面談、次は隊長や次長との面談、最後に社主や重役との面談という形で面談が貫くこともあります。ますます、面談官という顧客が1対1ということもあれば、3対3などそれぞれがたくさんということもあります。1人の求職者に、4人から5人の面談官が物腰することもあります。いずれの場合も、基本的に顧客は面談官からのヒヤリングに応えることになります。こういう先を希望した考え、今までどんなことをしてきたか、どういう道楽を持っているかなどを聞かれます。少人数の集団をつくり、各集団ごとに討論をしてもらう集団話し合い形式で、顧客を取り敢えずふるい落とすような先もあります。面談のフィールドで巻き上げられるネタは、その企業によってまちまちです。そのためみんなは、事前にその傾向を調べて置き、本番にそなえて正解を練っています。